債務整理をするとブラックリストに登録される?


一般に「ブラックリスト」と言われているのは、信用情報機関の登録情報のことです。
金融業者は、ここに顧客の借入や返済状況などを登録し、情報を共有します。
そして、新規に融資の申し込みがあると、ここの登録情報などを参照して、貸しても大丈夫かどうかを審査します。

債務整理をするとその情報が信用情報機関に登録されます。
債務整理をしなくても、延滞などを繰り返せば登録されますし、きちんと返済をしていても、「どの会社からいくら借りている」という情報は常に登録されています。

「債務整理さえしなければ他社から借りられる」など、誤った情報を掲載しているサイトも最近は増えていますが、延滞や債務整理をしなくても、与信総額が本人の返済能力を超えていると判断されれば、新たに貸してくれるところはなくなります。
複数の会社から借りては返しを繰り返していると、延滞をしていなくても、自転車操業であることは明らかなので、新たな借金は難しくなります。
住宅ローンなど、銀行から融資を受ける際には、サラ金に与信枠を持っているだけでも審査に不利だという話を聞くこともあります。

信用情報機関の登録情報は7年前後で抹消されることになっています。
このため、一般に債務整理をすると、7年間は新たに借金をしたりローンを組んだり、クレジットカードを作ったりすることはできない、と言われています。
ただ、最終的に融資するかどうかを決めるのは、その金融機関です。
信用情報機関の情報だけでなく、独自の審査基準で融資の可否を決定します。

債務整理後7年経っていないのにカードが作れた人もいるようですし、逆に10年以上経っていても住宅ローンが組めない、という人もいます。

信用情報機関の登録とは別に、債務整理の対象にした貸金業者は、社内の記録としてその後も持ち続けると思われます。
したがって、債務整理の対象にした業者からは永久に借りられない、と思っておいた方が良いでしょう。

★信用情報機関

おもな信用情報機関は下記の通りです。
以前は、業態別に加盟機関が棲み分けされていましたが、現在は信用情報機関側も金融業者側も統廃合が進み、棲み分けもかなり曖昧になってきています。
取引のある金融業者やカード会社がどの機関に加盟しているかは、契約書や会社のウェブサイト等に記載されているので、確認してみてください。

各金融業者は、加盟している機関に情報を登録しています。
また、新たな融資の申し込みの際の審査や、顧客の信用の定期的なチェックのため登録データを参照しています。
一部の機関同士では情報の交流もあります。

自分の情報が、どの機関にどのように登録されているかは、本人が各機関に情報開示請求をすることによって確認できます。
間違った情報が登録されていた場合は、訂正や削除を求めることもできます。
開示請求の方法などは、各機関のサイト上で案内されています。

全国銀行個人信用情報センター

CIC(credit information center)

日本信用情報機構