債務整理するとインターネットや携帯が使えなくなる?


プロバイダなどのネット関連決済

プロバイダ料金や、ネットショップ、ネット上のサービス料金決済手段は多様化してきていますが、まだクレジットカードのみという場合もあります。
今、利用中のサービスがカード決済にしか対応していない場合は、そのサービスの継続利用は諦めるしかありませんが、他の決済手段に対応した、似たようなサービスは探せばきっと見つかります。
カード決済に比べれば多少の手間はかかりますが、ネットバンキングや電子マネーを駆使すれば、ネット決済で困ることはまずありません。

これまでカードに依存していた多重債務者にとっては、カードが使えないことが不便に感じたり、不安になったりするかもしれませんが、普通の生活は現金決済だけで成り立ちます。
「借りられないから借りない」のではなく、「借りる必要がない」生活スタイルを身に付けてこそ、債務整理を行う意味があります。

それでも、どうしてもクレジット決済が必要な場合は、デビットカードや、デビット決済が便利です。


楽天銀行デビットカード

カード番号使いきりワンタイムデビット


★上記は継続的な自動引き落としサービスには対応していない場合が多いので、申込み前に確認してください。


携帯電話について

きちんと料金を支払っていれば、債務整理をしても携帯電話が使えなくなる、ということはありません。
もちろん延滞を重ね、強制解約された場合などはこの限りではありません。
携帯電話会社は、信用情報機関には加盟していませんが、携帯電話会社同士で料金の滞納などの情報交換をするシステムはあるようです。従って、他社の料金を踏み倒したままキャリアを乗り換えるようなことはできないと思っておいた方が良いでしょう。
携帯電話は今や必需品ですので、借金があっても持たないわけには行かないと思います。
しかし、通信料が割高なスマートフォンは完済まで我慢する、余計な有料サービスは付加しない、通話はなるべく控えるなど、料金の節約を心がけましょう。

携帯電話の料金プランは複雑で、「このサービスをつけると、いくら安くなる」など、一見お得に見える宣伝文句を並べていますが、冷静に計算してみると、余計なサービスをつけないのが一番お得だと思います。