ローン中の車や家を残したい


ローン中の家を残すには


住宅ローン特別条項をつけて「個人再生」を行う

住宅ローンの他にも債務があり、個人再生の申立要件を満たしている場合は、一番有効な方法です。
住宅ローン以外の債務が大幅に減額になる他、住宅ローンも条件によっては、返済期間を延ばすことができます。
ただし、安定収入がない、家が住宅ローン以外の借金の担保になっている、住宅ローン以外の債務が5000万円を超えている場合などは、この方法が採れません。

時価で身内などに任意売却する

個人再生が申立てられない場合は、時価で身内や親しい人に買い取ってもらい、家賃を払って家に住み続けるという方法もあります。
お金を貰わないで名義だけを変更したり、極端に安い価格で売却すると、「資産隠し」とみなされ、破産の場合は免責不許可事由になりますから、売却前には不動産業者などに鑑定してもらって、正当な価格で売却してください。
自己破産する場合は、売却益は債権者に按分されることになります。

住宅ローンの借り換えをする

住宅ローン以外の債務がほとんどなく、住宅ローンの負担さえ少なくなれば、十分生活して行ける、という方にはお勧めです。

この際、賃貸住宅に引越す

一度手に入れたマイホームを手放すのは、確かに辛いことかもしれません。
しかし、この際、本当に持ち家に住み続けることが良いことなのかどうか、ちょっと立ち止まって考えてみてください。
例え住宅ローンが終わっても、固定資産税はずっとかかりますし、定期的なメンテナンスやリフォーム費用もかかります。
将来、目の前に大きなマンションが建って、日照がなくなってしまうかもしれません。
リフォームやメンテナンスは大家さん任せ、固定資産税もなし、環境が悪くなったらすぐに引越せる、という賃貸暮らしも身軽で良いかもしれません。
家族の幸せは、ローンで苦しんででもマイホームで暮らすことにあるのか、賃貸でも、ローンの心配のない生活をすることにあるのか、これを機会に家族で話し合ってみるのも良いと思います。

ローン中の車を残すには

住んでいる地域や仕事の内容によっては、車は必需品で手放せない、という場合もあるでしょう。
しかし、車はローンそのもの以外にも、税金、保険料、車検代、駐車場代など、余計な出費が必要ですから、債務者にとってはたいへんな贅沢品である、という自覚をまずは持ってください。
まずは、今の車はローン会社に返却し、原付バイクや安い中古車で代替することを検討してください。
それでも、どうしても今乗っている車でないといけない、という事情がある場合に限り、下記の方法を検討してみてください。

ローンの名義を書き換える

家族や親しい人が、ローンを引き継いでこれまで通り返済することをローン会社に申し入れ、それがローン会社に承認されれば、車を手放す必要はなくなります。
名義だけ変更し、新しい名義人の名前で自分が返済を続けることに法的な問題はありませんが、返済を滞れば、名義人になった人の信用情報を傷つけることになりますから、十分注意してください。
新たな名義人は、もちろんローン会社の審査に通る必要がありますし、保証人だった人が新たな名義人になる場合は、別の保証人を立てることを、要求される場合も多いと思います。